魔法のお皿レッスン! ポーセラーツって?

ポーセラーツには不思議な力があります。

だから私はポーセラーツレッスンを魔法のお皿レッスンと呼びます(笑)

まず、たくさんの柄転写紙から自分好みの柄を選ぶ作業が楽しい!

今度は、お皿に転写紙を貼って作ります。レイアウトを考えながらの作業もまた楽しい!

ポーセラーツにひとつデメリットがあるとすれば、すぐに持って帰れないこと。でも、待つ間もワクワクします!とおっしゃる方もいます。

焼成できると、ツヤツヤになったお皿に感動!

キッチンボードに作ったお皿が並びます。見るたびにウフフってなるんです!

何度もHappyな気分になり、Happyが続く、それがポーセラーツです。

 

★【Porcelarts(ポーセラーツ)はporcelain(磁器)とart(芸術)を組み合わせた造語です。】

誰でもカンタンにはじめられます。

“手づくりは、初めて”
“絵を描くのは、苦手”
“むずかしいのは、苦手”
“型にはめられるのは、ちょっと…”
という方でも大丈夫。

ポーセラーツは基本技術をしっかり伝達していきます。作ったあと、実際に使えるのもうれしい魅力です。

ポーセラーツ制作工程

P1430549_R

魔法のお皿レッスンの始まりです!

白いお皿がポーセラーツでこのようなかわいい食器に。

Happy が続く魔法のお皿レッスン、ポーセラーツの世界へようこそ!

 

Point1 完成度の高い作品が作れます

絵を描くのが苦手の方でも大丈夫。シール感覚で使える「転写紙」をデザインするだけで、素敵な作品が作れます。

Point2 作品を日常使いできて実用的

自分でつくった自分好みの作品を使うことは Happyな気分になります。名前やイニシャルを入れることもでき、ギフトにも最適です。

Point3 サロン開設で憧れの先生に

資格取得後は、先生としてサロン開設が可能です。サロン用のカリキュラムをご用意しているので、安心してサロンを開設できます。

どんな工程で作られるのかをご紹介します。

使う転写紙を選びます

いろんな転写紙を数多く用意している中からお選びください。

好きなデザインから選ぶ方や、こんな雰囲気で作りたいというご相談いただければ、それに合う転写紙をご提案いたします。

また教室には多くの作品を飾っていますので、この中から選んでいただくことも可能です。

次へ

準備

お皿をきれいに拭いて準備します。

使うものは写真の通りです。

次へ

使う部分をカッティングしていきます。

デザインで使う部分をカットします。

次へ

構図の確認

どのあたりに配置するのか確認をしながら構図を決めます。

次へ

水につけてから白い台紙をはがしていきます

水に20~30秒つけてから白い台紙をはがしていきます。

次へ

透明フィルムをお皿に乗せ、空気と水を抜いていきます

道具やティッシュを使い、空気と水を抜いていきます。

※完全に乾かない間は貼り直すこともできます。

次へ

お皿からはみ出たところはカットして体験終了

ポーセラーツ体験はここまでです。

この後、800度の窯で約1日かけて焼き上げます。

完成後、取りに来ていただいて、作った作品が手元に届きます。(体験時に配送手配した方はお送りいたします。)